ANAでも格安航空券が手に入ります!

ANAの国内格安航空券をゲットする裏技は、チケットショップで期限切れ間際の航空券を入手することです。

これは運次第と言える方法ですから、目的地と日付が決まっている場合に利用できる確率はあまりありません。しかし、ANAを利用して格安な空の旅をしたいという場合は、チケットショップを巡り、期限切れ間際で破格の値段となっている航空券に、自分の旅程を合わせることで、利用可能となります。相当お得に空の旅ができます。

なるべく早くに予約

もし、目的地がはっきりと決まっていて、ある程度日程もわかっている場合は、とりあえず足を運べるチケットショップを回ってみてもいいかもしれません。偶然そうしたチケットがあれば、格安で航空券をゲットできます。

無駄足になるかもしれないことは避け、確実にANAの格安航空券をゲットするなら、なるべく早く予約して、特割を受けることです。搭乗日の80日前まで予約すれば、かなりの割引が受けられます。ただし、予約変更はできません。

予約した便に乗れないことがわかったら、キャンセル扱いとなります。同様に、75日前、60日前、55日前、45日前、35日前、28日前など日数によって割引率は変わりますが、その日まで予約すれば相当安く購入できる割引制度があります。それを活用することです。

旅行会社の格安航空券を利用するのもよい方法ではありますが、これもチケットショップと同様、常に在庫があるわけではありません。無駄足になる可能性がありますし、ネットで探しても、どこにもない時期もあります。

確実に搭乗日の予約がとれて、入手できる航空券となったら、航空会社が販売している正規の航空券で割引を受けるのが得策です。徒労に終わることを覚悟してなら、チケットショップや旅行会社を当たってみてもいいでしょう。偶然見つかるかどうかは運次第です。

早割は予約変更はできない!

航空会社の早割は、予約変更ができないので、抑えてしまったら、もう航空会社のチケットを使うものとして対処することになります。航空会社で予約を押さえながら、チケットショップや旅行会社を探すということだと、格安チケットが見つかった場合、航空会社にキャンセル料を支払うことになります。最低でも10%はかかりますから、そのまま航空会社の割引きを使った方が得策でしょう。

偶然見つけた格安チケットに、自分のスケジュールを合わせられるようなら、チケットショップ巡りが格安搭乗券をゲットする裏技となりますが、そうでない場合は、早割利用がベストのようです。

Follow me!

カテゴリー: ANA格安航空券