運賃が高いANAでも航空券を安く手に入れられる

LCCなどに比べて、ANAは運賃が高いイメージがありますよね。
しかしANAにも、国内線の格安航空券をゲットする方法があります。

まず有名なのが「旅割」と「特割」です。
「旅割」には「旅割75」「旅割55」「旅割45」「旅割28」「旅割21」の五種類があり、それぞれの数字が、搭乗日からの日数の購入期限となっています。
例えば「旅割75」の場合は、搭乗日の75日前までに予約する必要があります。
早く予約すればするほどお得になるので、予定が早めに決まっている場合は、搭乗日が確定次第すぐに予約すると、より安く航空券をゲットすることができます。
予約後の変更はできませんが、55日前までは取消手数料がかからないのも嬉しいポイントです。

急な予定でも予約ができる「得割」

また、旅割の期間を過ぎてしまっても、「特割」があります。
特割には、搭乗日3日前まで予約できる「特割3」と、搭乗日前日まで予約できる「特割1」があります。
急に搭乗が決まった場合でも使えるので、非常に便利です。

そして「旅割」「特割」ともに乗継割引もあります。
28日前までの「乗継旅割」、7日前までの「乗継特割」、当日までの「特定便乗継割引」があるので、直行便以外でもお得に利用できます。

「旅割」「特割」には、設定のない路線や利用上のルールがあるので、HPで確認が必要です。ちなみに、カード会員専用ではありますが、「ビジネスきっぷ」というものもあります。これは国内線全路線に設定があり、当日の予約・変更ができるので、時間が流動的なビジネスに最適です。

株主優待券を利用する

次に「株主優待券」です。
株主優待券は、普通運賃の半額ほどの値段で飛行機を利用することができます。
ゴールデンウィークや年末年始などの運賃が高くなる時期にも利用可能で、当日予約もできますし、予約後の変更もできるので、とても使いやすいです。

株主優待券は株主本人以外でも利用できるので、例え株主でなくても、金券ショップに売っている物を購入するなどして入手できます。

最後に、ANAマイレージクラブ会員限定のプランを紹介します。
65歳以上で当日空席がある場合に利用できる「シニア空割」、満12歳以上22歳未満が利用できる「スカイメイト割引」、マイレージクラブ会員本人を含む、2~4名のグループ旅行で、同一路線往復利用の場合に利用できる「いっしょにマイル割」など、年齢や家族で使える様々なプランがあります。

自分にピッタリの方法で、格安航空券をゲットしてください。

Follow me!

カテゴリー: ANA格安航空券