ANA格安航空券

ANAで国内の格安航空券を手に入れるには

ANAの国内と海外の航空券での違い

格安航空券を手に入れるときに必要な方法はANAでは国内航空券か海外航空券かで違いがあります。もともと私は海外に行くときにはANAの海外航空券を安く手に入れられるように工夫していたので、国内線の予約をするときに同じようにしようと考えてしまいました。 しかし、運賃システムが国内と海外では異なると気づいて慌てて予約を取った記憶があります。 海外航空券の場合には残席数が多くて搭乗日が近いほど安くなり、残席数が少なくなるにつれて価格が上がるのが一般的です。 しかし、国内線ではこのような変動はほとんど起こさず、割引運賃として定められている旅割を使用するのが基本になります。早い時期に予約するほど安いので慌ててしまったのでした。

旅割の基本を理解することが大切

ANAで格安航空券を手に入れようとしたら旅割75を利用するのが基本です。75日前までに予約・購入をすることによって国内線の運賃が最大で80%OFF程度になります。販売枚数が限定されているので繁忙期には売り出したらすぐに購入しないと売り切れてしまうので注意が必要です。 旅割は購入したらキャンセルも予約変更もできない仕組みになっています。その代わりに割引運賃になるという形なので理解した上で利用することが大切です。また、旅割Xというタイムセール限定の破格の格安航空券が不定期に出回ることもあるので、それを狙って安く済ませることもできます。 ただし、狙っている区間と時間で販売されるとは限らないので販売区間と日程に応じて旅行予定を立てる必要があり、セールが始まったときに慌てて予定を立てたこともありました。

当日でもOKな二つの割引運賃

国内の格安航空券を手に入れられるANAのサービスとして当日でも事前予約でも大丈夫なものが二つあります。一つは株主になって株主優待券を利用する方法です。割引率は時期によって異なりますが、最大で50%OFF程度になることから大幅に安く航空券を購入することができます。 株主優待券を手に入れれば株主でなくても利用できるので、金券ショップなどで手に入れて格安航空券を手に入れる人も少なくありません。 もう一つの方法はANAカードを手に入れてビジネスきっぷを購入する方法です。これも割引率が時期によって異なりますが、最大で43%OFFになります。マイルが100%の割合で溜まるので大抵はこの方法で買うようにしています。

投稿者:RYO 投稿日時: