ANA

ANAの航空券が格安になるときとは

最低条件になる二つの項目

LCCよりもANAを利用した方が格安になり得る条件として最低限満たさなければならないものが二つあります。LCCの国内の格安航空券では座席指定と受託手荷物が有料になっていて航空券代そのものや安くなっているのが基本です。そのため。この二つをオプションとして追加すると価格は必然的に上がります。 裏を返せば家族旅行で荷物も多いというケースのように座席も指定して荷物も預けたいという状況であればANAの航空券がLCC並に安くなる可能性があるのです。 それに加えて早期割引などの割引運賃を最大限に活用すると、これだけでLCCよりも安くなることはよくあります。 しかし、それ以外にも追加料金がかかる部分を考慮するとANAが最安になる可能性が高まるでしょう。

大きなサイズの手荷物があるとき

国内の格安航空券でANAが最安値になれる可能性が高まるケースとして代表的なのが、サイズの大きな荷物を預けなければならないときです。通常、LCCでは受託手荷物のために費用がかかるだけでなく、受託手荷物として規定されたサイズ以上のものを預けるときにはさらに追加料金がかかります。 しかし、ANAでは重量が超過していない限りはサイズオーバーであっても預かってもらえるサービスを行っているのが特徴です。 あまりに預ける人が多いなどの理由でキャパシティーを超えると預かってもらえませんが、スキーボードやゴルフバッグ、楽器などを預かってもらうことができます。 私がバイオリンを持っていたときには専用のケースも用意してくれるサービスも利用できました。そのケース代もかからず、傷一つ付かなかったのが嬉しかったです。

機内サービスも考慮が大切

ANAでは国内のフライトでも充実した機内サービスを提供しているのも特徴です。そのサービス内容を省略することによってLCCではコスト削減を行っています。格安航空券になっている裏側には、ANAでなら受けられるサービスが受けられていないという事実があるのです。 代表的なものとしてドリンクサービスがあります。ANAでは一度は必ずサービスに来てくれますが、基本的にはフリードリンクなので何度持ってきてもらっても問題はありません。 LCCであれば数百円する飲み物をただで飲めることも考慮すると、いつも飲み物が欲しいという人にとってはANAのフライトは格安になります。 新聞や飴などのサービスもあるのでお得だと私はいつも感じているので、普段からANAを利用しているのです。

投稿者:RYO 投稿日時: