ANA

ANAの旅割を利用して格安国内旅行

格安航空券の入手は運次第!

ANAを利用して格安な国内旅行をするには、旅割を利用することです。格安航空券は、常に手に入るわけではなく、運次第な面があります。チケットショップや旅行会社を回って、あるいはインターネットで探しても、偶然見つかれば破格の値段で手に入りますが、目的地と日付がちょうど合う格安航空券が、常にあるわけではありませんから、徒労に終わることもあります。

運に頼らず安い航空券が入手できる旅割

確実に安い航空券を手に入れるには、ANAの旅割利用が最善の策でしょう。この方法なら、運頼みとはならず、希望する日時に目的地に向かうことができます。ANAの旅割は75日前、55日前、45日前、28日前、21日前に予約すると、それぞれに応じた割引きが受けられるという制度です。 前もって予約するほど割引率は高くなります。また、空席率が高いほど、より割引かれます。搭乗日までの期間と空席率の二つを加味して、割引き率が決まります。予約の変更はできません。予約した便に乗れないことがわかったら、キャンセル扱いとなります。キャンセル料がかかるのは、搭乗日の54日前からです。それまではキャンセル料はかかりません。 搭乗日の54日前から45日前までは航空運賃の30%のキャンセル料が、搭乗日の44日前から28日前までは航空運賃の40%が、搭乗日の27日前から14日前までは航空運賃の50%のキャンセル料がかかります。搭乗日の13日前から出発時刻前までは、航空運賃の60%にもなります。 かなり前の段階からキャンセル料がかかり、しかも高めなので、旅割を利用する場合は、スケジュールが確定していて、まず変更の可能性がない場合に限ることが大事です。スケジュールが確定している国内旅行であれば、有効に活用できる制度です。

やり方次第で航空券が手に入る時代

以前は航空会社が販売する航空券は、ガラガラの便でも混雑する時期でも同額で、割引プランというのはあまりありませんでした。しかし、格安航空会社の登場などで、割引率によっては、新幹線とあまり変わらない運賃で利用できるようになっています。新幹線でもさまざまな割引きプランを出していて、それと匹敵するような割引も、航空会社でおこなわれています。 旅割で、75日前まで、あまり需要がなさそうな日の予約をとれば、格安で旅行できます。あとは、スケジュールを変更しないように、その日付に利用できるように気をつけていくだけです。飛行機は高いものというイメージはまだまだあるようですが、方法次第で相当安く利用できる時代になっています。"

投稿者:RYO 投稿日時: